Top > 債務整理「個人民事再生」 > 債務整理『個人民事再生』の費用

債務整理『個人民事再生』の費用

個人民事再生の費用は

他の債務整理のなかでも

最も費用がかかります。


・個人民事再生 自分で申し立てを行う場合


【 裁判所へ払う費用 】


収入印紙 1万円

予納金  1万2000円程度

郵便切手 債権者の数による
 

【 個人再生委員を選任する場合 】


報酬として 20万円程度


*裁判所によって選任しない場合や、

弁護士、司法書士が申し立てする場合は選任されない

場合もあるので事前に裁判所に確認するとよいでしょう。


なお、個人再生委員が選任されるかどうかは

裁判所によって異なります。


また、裁判所によっては弁護士・司法書士が

関与した申立ての場合には個人再生委員が選任されない

場合もありますので事前に問い合わせておくのがいいでしょう。


・個人民事再生 弁護士に依頼した場合


【 非事業者で、住宅特別条項を使わない場合 】


着手金20ー40万円(30万前半が多い)

報酬はほとんど受け取らない、 もしくは減額の10%程度。


【 非事業者で、住宅特別条項を使う場合 】


着手金20ー40万円(30万後半が多い)

報酬はほとんど受け取らない、もしくは減額の10%程度。


個人再生手続きは、債務整理手続きの中でも

一番ややこしいので通常は弁護士・司法書士に

依頼することになると思います。


その場合は別途報酬がかかります。


報酬は事務所ごとによって多少の違いはあると思いますが、

弁護士であれば30万円ー60万円、

司法書士であれば20万円ー30万円程度だと思われます。


個人再生を弁護士・司法書士に依頼する場合には

事前に料金や分割払いの可否を

問い合わせておくのがいいでしょう。

債務整理「個人民事再生」

「個人民事再生」って堅苦しい言葉ですよね。

「再生」という言葉があるとおり、
やり直そうという気持ちがより強い人に向いている、
債務整理の方法かもしれません。

心当たりのある方・・・
読んでいってくださいね!

このカテゴリ内の記事

個人民事再生とは
住宅資金特別条項とは
個人民事再生 小規模個人再生
個人民事再生 給与所得者等再生 
小規模個人再生と給与所得者等再生どちらを選ぶ?
個人民事再生のメリットとデメリット
債務整理『個人民事再生』の費用







Yahoo!ブックマークに登録