Top > 債務整理「個人民事再生」 > 個人民事再生のメリットとデメリット

個人民事再生のメリットとデメリット

【 メリット 】


・ 破産のような資格制限がない


保険外交員など、破産をすると

職を失ってしまう人には適した債務整理の方法です。


・ 免責不許可事由がある方でも利用可能


浪費やギャンブルによる借金で

免責を受けられない人でも利用できます。


・ 自己破産せず、再スタートできる


「借りたものは返せる分だけでも返したい。」という方や、

「自己破産」に対し周囲の無理解が大きい方には

個人民事再生が適しています。


・ 資産を維持することができる


個人民事再生は財産を処分されません。

大事な生命保険や自動車などを手元に残したい方に

お勧めの手続です(但し、残ローンがある場合は原則的に残せません)。


・ 自宅を維持できる


個人民事再生手続では、住宅ローンの支払いを続ければ、

住宅ローンが残ったマイホームに住み続けるられます。


【 デメリット 】


・ 手続の情報が官報に掲載される


個人民事再生手続は、裁判所を介して行う手続です。

民事再生したことを完全に秘密にすることはできません。


・ ブラックリストに登録される


金融機関等から、当分の間借入ができなくなります。


・ 債務総額の一部を分割返済しなければならない


個人民事再生手続では、3年(以上)の期間

分割弁済する必要があるので、

安定した収入が必要です。

債務整理「個人民事再生」

「個人民事再生」って堅苦しい言葉ですよね。

「再生」という言葉があるとおり、
やり直そうという気持ちがより強い人に向いている、
債務整理の方法かもしれません。

心当たりのある方・・・
読んでいってくださいね!

このカテゴリ内の記事

個人民事再生とは
住宅資金特別条項とは
個人民事再生 小規模個人再生
個人民事再生 給与所得者等再生 
小規模個人再生と給与所得者等再生どちらを選ぶ?
個人民事再生のメリットとデメリット
債務整理『個人民事再生』の費用







Yahoo!ブックマークに登録