Top > 債務整理「個人民事再生」 > 小規模個人再生と給与所得者等再生どちらを選ぶ?

小規模個人再生と給与所得者等再生どちらを選ぶ?

どちらを選ぶかは、あなたの謝金や資産状況を見て、

弁護士や司法書士が、適切なアドバイスをくれるでしょう。


ここでは、一般的にどのように

判断していくのかを説明します。


給与所得者等再生が利用できるのは、

定期的収入を得る見込みのある人です。


なおかつその変動の幅が小さい人

(年収ベースで20%以内の変動が目安)

に限られます。


このため、継続的に収入を得る見込みのある人でも、

変動の幅が大きい人などは、そもそも

給与所得者等再生を使うことはできません。
 

そのため、どちらを選択するかを検討するのは、

小規模個人再生と給与所得者等再生の

両方とも利用できる人になります。


給与所得者等再生では、手取り額から

最低限の生活をするため必要な金額を差し引いた額の

2倍以上を払わなければなりません。


しかもこれは、小規模個人再生のような

上限はありません。


このため、給与所得者等再生では、

小規模個人再生の場合よりも返済額が

多くなる可能性があります。


その場合は、小規模個人再生を選んだ方が良いと思われます。


しかし、小規模個人再生では、再生計画案に

同意しない債権者が全債権者の半数未満で、さらに、

債権額が債権総額の1/2以下でなくてはなりません。


これに対して、給与所得者等再生では、

債権者の同意は必要ありません。


反対が多く出そうな場合は、

給与所得者等再生を選択する場合もあります。


これらを踏まえても、

個人民事再生の大半は小規模個人再生です。

債務整理「個人民事再生」

「個人民事再生」って堅苦しい言葉ですよね。

「再生」という言葉があるとおり、
やり直そうという気持ちがより強い人に向いている、
債務整理の方法かもしれません。

心当たりのある方・・・
読んでいってくださいね!

このカテゴリ内の記事

個人民事再生とは
住宅資金特別条項とは
個人民事再生 小規模個人再生
個人民事再生 給与所得者等再生 
小規模個人再生と給与所得者等再生どちらを選ぶ?
個人民事再生のメリットとデメリット
債務整理『個人民事再生』の費用