Top > 債務整理「個人民事再生」 > 住宅資金特別条項とは

住宅資金特別条項とは

個人民事再生を裁判所に申し立てるときに、

住宅資金特別条項という制度を利用すれば、

マイホームを残したまま債務整理ができます。


住宅資金特別条項とはなんでしょうか?


住宅資金特別条項とは、

住宅ローンに関する

特別のルールのことを指します。


ただし、個人民事再生で行われる

他の債権者の借金のように減額はされません。


住宅資金特別条項を利用すると…


通常、住宅ローンの返済が滞ってしまうと、

あなたは債権者から借りたお金を

一括で返せという無謀ともいえる返済を迫られます。


そして、あなたがその要求にこたえられなかった場合、

債権者は住宅を処分してローン残額に充てるのです。


しかし、ここで住宅資金特別条項使うと、

このような事態には陥りません。


住宅ローンの支払いが滞り、住宅を

手放さなければならないというような状況を

避けることができるのです。


住宅資金特別条項には次の4種類があります。


1、 期限の利益回復型


はじめの契約どおり、住宅ローンを返済する。


返済が滞った分について、期間を決めて

分割で返済していく。


2、 期限延長型(リスケジュール型)


住宅ローンの期間を延ばすことによって、

月々の返済金額を少なくする。


3、 元本猶予期間併用型


期限延長型を利用しても、

住宅ローンの返済が困難である場合。


期間延長型を併用しつつ、民事再生手続きにおいて、

住宅ローン以外の債務の返済期間中は、

住宅ローンの返済額を少なくしてもらえる 。


4、 同意型


1、ー3、のどれを利用しても住宅ローンも返済が困難な場合、

住宅ローンの債権者の同意を得ることによって、

さらに住宅ローンの返済方法に変更を加えることができる 。

債務整理「個人民事再生」

「個人民事再生」って堅苦しい言葉ですよね。

「再生」という言葉があるとおり、
やり直そうという気持ちがより強い人に向いている、
債務整理の方法かもしれません。

心当たりのある方・・・
読んでいってくださいね!

このカテゴリ内の記事

個人民事再生とは
住宅資金特別条項とは
個人民事再生 小規模個人再生
個人民事再生 給与所得者等再生 
小規模個人再生と給与所得者等再生どちらを選ぶ?
個人民事再生のメリットとデメリット
債務整理『個人民事再生』の費用







Yahoo!ブックマークに登録