Top > 債務整理「個人民事再生」 > 個人民事再生とは

個人民事再生とは

個人民事再生は、2000年4月にスタートした

比較的新しい法律制度です、


自己破産と同じく、裁判所を介して行う

債務整理の方法の一つです。


どのような制度なのでしょう?


法律で決められた弁済額以上を

3年間でしはらうという計画書を作成し、

裁判所に提出します。


裁判所に認められ、実際に3年間で完済できれば

残りの借金は免除される制度です。


個人民事再生の大きな特徴は、

今後支払いができなくなるであろう

個人の借金の元本が減額されることです。


利息制限法で引き直し計算した後の借金の元金が、

3000万円以下の場合は、返済額は債務額の1/5で最低100万円、

最高300万を支払うことで残りの債務は免除されます。


債務額が3,000万円から5,000万円までは

10分の1の割合で免除されます。


任意整理では、元本の減額は難しいでしょう。


自己破産のように、借金が全額免除はされませんが、

住宅を処分されることはありません。


また、自己破産のように職業の制限もありませんので、

借金額が大きく全額返済は難しいけれど、

住宅を手放したくないなどの場合は有効な方法です。

債務整理「個人民事再生」

「個人民事再生」って堅苦しい言葉ですよね。

「再生」という言葉があるとおり、
やり直そうという気持ちがより強い人に向いている、
債務整理の方法かもしれません。

心当たりのある方・・・
読んでいってくださいね!

このカテゴリ内の記事

個人民事再生とは
住宅資金特別条項とは
個人民事再生 小規模個人再生
個人民事再生 給与所得者等再生 
小規模個人再生と給与所得者等再生どちらを選ぶ?
個人民事再生のメリットとデメリット
債務整理『個人民事再生』の費用







Yahoo!ブックマークに登録