Top > 任意整理の手続き > 任意整理の手続き5 弁済計画

任意整理の手続き5 弁済計画

弁済計画とはなんでしょうか?


任意整理を行い、取引履歴から引き直し計算をした結果、

本当のあなたの借金の額が明らかになります。


過払い金が発生する場合もありますが、

債務(借金)が残った場合には

当然返済していかなければなりません。


弁済計画とは、借金が残った場合、

今後、債権者にどのように返済していくかを

示す計画です。


同時に数件の債権者の任意整理手続きを行っていて、

他の債権者で過払い金が発生した場合には、

その過払い金を持って一括で返済できる場合もあります。


しかし、そうではなく債務のみが残った場合には

分割弁済と言って、3年を目処に

分割で支払う方法をとる場合が多いです。


もちろん、これはあなたと代理人である

弁護士や司法書士との話し合いで

決めていくことになります。


(1)依頼者の家計の状況から、

   返済するお金をどこから捻出するかを決める


(2)利息制限法の利息に引き直した後の債務残高について、

   依頼者の用意できるお金では何回払いが適当か決める。


話し合いの結果を、

和解契約書(案)という書面にして

債権者に提出します。


その結果、債権者がOKであれば

和解成立となります。

任意整理の手続き

ここでは、任意整理の簡単な流れと
それぞれの手続きについて、
詳しく説明しています。

このカテゴリ内の記事

任意整理の手続きの流れ
任意整理の手続き1 取引履歴の開示請求
任意整理の手続き2 利息制限法での引き直し計算
任意整理の手続き3 和解の方針の話し合い
任意整理の手続き4 過払い金返還請求とは
任意整理の手続き5 弁済計画
任意整理の手続き6 和解交渉







Yahoo!ブックマークに登録