Top > 任意整理の手続き > 任意整理の手続き4 過払い金返還請求とは

任意整理の手続き4 過払い金返還請求とは

過払い金返還請求とはなんでしょうか?


「グレーソーン金利」の項でお話したように、

多くの貸金業者は、金利を利息制限法の

上限金利ー出資法上限金利29.2%の間で貸し付けます。


それを知らずに、あなたがその金利を支払っていると、

同意の上で支払っているとみなされてしまいます。


そのまま払い続けると、

とてもバカらしいと思いませんか?


弁護士や司法書士事務所があなたの案件を受任したら、

最初に行うのが債権者への「受任通知」の発送です。


そこには、あなたが借り入れを始めた当初からの

取引履歴を債権者すべてに提出するよう

依頼する旨が記載してあります。


それを受けた債権者は、

取引履歴を開示する義務があります。


それは、これまでの判例をみても明らかです。


債権者から取引履歴が開示されたら、

それをもとに利息制限法に沿って

計算をやり直します。


その後、借金の減額があったり、

払いすぎていた金利が戻ってくるかもしれません。


計算の結果を債権者に報告し、

過剰に払っていた金利を返すよう、

書面にて返還請求を行うのです。


これが、過払い金返還請求です。

任意整理の手続き

ここでは、任意整理の簡単な流れと
それぞれの手続きについて、
詳しく説明しています。

このカテゴリ内の記事

任意整理の手続きの流れ
任意整理の手続き1 取引履歴の開示請求
任意整理の手続き2 利息制限法での引き直し計算
任意整理の手続き3 和解の方針の話し合い
任意整理の手続き4 過払い金返還請求とは
任意整理の手続き5 弁済計画
任意整理の手続き6 和解交渉







Yahoo!ブックマークに登録