Top > 任意整理の手続き > 任意整理の手続き3 和解の方針の話し合い

任意整理の手続き3 和解の方針の話し合い

すべての債権者の利息制限法での

引き直し計算が終わった時点で、多くの弁護士は

一度あなたと打ち合わせをすると思います。


その際に話し合われることと、注意点についてお話します。


・ 利息制限法での引き直し計算の結果が報告されます


  引き直し計算の結果、債務がどれだけあって、

  過払い金がある場合はその額が報告されます。


・ 和解交渉の方針を話し合います


  引き直し計算しても、借金が残った場合には、

  支払い計画について話し合います。
  

  相談しながら、無理のない範囲で

  3年を目処に返済を考えます。


  逆に、過払い金が発生した場合には、

  相手の交渉にどの程度応じるかの確認があります。


  例えば、計算の結果の全額を絶対に返済してほしいのか、

  相手がごねて時間がかかりそうな場合などは、

  全額返済してもらうことをあきらめるのか。


  その場合、何割程度の減額なら和解できるかなどを聞かれます。


この時点で、過払い金で、他の債権者の

債務を支払えそうかどうかが分かります。


弁護士や司法書士は、任意整理の仕事を

多く抱えていますので和解交渉に時間を

かけたくないという事務所も多いです。


しかし、全額返してもらうのが当然なので、

悪いと思わずに全額返して欲しいと伝えましょう。

任意整理の手続き

ここでは、任意整理の簡単な流れと
それぞれの手続きについて、
詳しく説明しています。

このカテゴリ内の記事

任意整理の手続きの流れ
任意整理の手続き1 取引履歴の開示請求
任意整理の手続き2 利息制限法での引き直し計算
任意整理の手続き3 和解の方針の話し合い
任意整理の手続き4 過払い金返還請求とは
任意整理の手続き5 弁済計画
任意整理の手続き6 和解交渉