Top > 任意整理の手続き > 任意整理の手続きの流れ

任意整理の手続きの流れ

任意整理の簡単な流れをご説明します。


1弁護士や司法書士に相談へ行き代理人の契約を行います。


  自己破産の手続きと同様に、必ず事前に

  アポイントをとり、事務所へ行って

  債務整理方法について相談します。
  

  そこで、代理人の契約をします。


これ以降の手続きは、指示がない限り弁護士、司法書士が行います。


2 債権者への受任通知書の発送


  あなたが依頼した弁護士により、

  あなたの代理人になったことなどが記された

  書類が送付されます。


3 債権者から、あなたの借り入れや

  返済状況を記した取引経過を取り寄せます。


4 利息制限法による引き直しの計算をして、

  実際の借金の額を確定します。


おそらくこの時点で、打ち合わせがあり

債権者との和解交渉の方針を決めておきます。


5 利息の過払いが発生せいた場合は、

  過払い金返還請求を、残債務がある場合は

  弁済提案書を作成し、債権者へ送付します。


6 和解交渉


7 和解成立後、和解書の作成


8 過払い金の返還してもらいます。

  債務の弁済を開始します。


以上が、任意整理の簡単な流れになります。


次の項からは、それぞれの手続きについて

詳しく説明していきますね。

任意整理の手続き

ここでは、任意整理の簡単な流れと
それぞれの手続きについて、
詳しく説明しています。

このカテゴリ内の記事

任意整理の手続きの流れ
任意整理の手続き1 取引履歴の開示請求
任意整理の手続き2 利息制限法での引き直し計算
任意整理の手続き3 和解の方針の話し合い
任意整理の手続き4 過払い金返還請求とは
任意整理の手続き5 弁済計画
任意整理の手続き6 和解交渉