Top > 債務整理「任意整理」 > 任意整理のメリットとデメリット

任意整理のメリットとデメリット

【 メリット 】


・ 自己破産と同じく、弁護士に受任してもらえれば、

  債権者からの取立てがなくなります


・ 手続きが開始すれば、和解できるまで

  返済が一時的に停止できます


・ 借り入れの状況によっては、

  払いすぎていた利息が取り戻せる可能性があります


・ 一部の借金のみ整理することもできます


・ 裁判手続きではないので、自己破産のように

  市町村役場の破産者名簿や官報に載ったりすることがありません


・ 自己破産のように、資格制限がありません


・ 勤務先や家族、親族に内緒で整理することもできます

  例えば、会社借り入れ、保証人がいる借り入れ、

  親族への借金は整理しないことも可能です。


【 デメリット 】


・ 私的な債務整理の方法であるので、

  和解交渉がスムーズにすすまないことがあります


・ 依頼した弁護士や司法書士の力量に左右される場合があります


  例えば、過払い金返還請求の和解交渉などは、

  弁護士や司法書士の見解や交渉能力によって、

  返還される金額に差が出ることがあります


  また、すべての債権者と同じ条件で和解することも困難です
 

・ 裁判手続きによる債務整理と違い、

  自己破産による免責や個人の民事再生のように

  借金の全額や一部を免除されません


  つまり、あなたの借金の過去の返済状況を

  利息制限法で計算しなおし、実際に支払うべき利息を割り出したら、

  そのとき借金があれば支払う必要があります

債務整理「任意整理」

あまり聞きなれない、「任意整理」と言う言葉。

でも、債務整理の中でもとっても便利な方法なんです。

ぜひ、任意整理について知ってください!

このカテゴリ内の記事

任意整理とは
任意整理できる人
グレーゾーン金利(利息制限法と出資法)
任意整理のメリットとデメリット
注意!ゼロ和解
債務整理『任意整理』の費用