Top > 債務整理「任意整理」 > グレーゾーン金利(利息制限法と出資法)

グレーゾーン金利(利息制限法と出資法)

「グレーゾーン金利」

言葉だけは聞いたことがあるかたも

いらっしゃるかもしれません。


金利の法律は2つあります。


1、 利息制限法


・10万円まで年利20%


・10万円から100万円


・年利18%、100万円以上は年利15%


2、 出資法


 上限 29.2%


貸金業者は、本来、利息制限法の

上限金利を守らなければなりません。


しかし、利息制限法は罰則がなく、

しかも借りた人が任意で支払えば

問題ないことになっています。


しかし、出資法は、違反すれば刑事罰があります。


このあいまいな2つの法律を逆手にとって、

ほとんどの貸金業者は、利息制限法の上限金利ー出資法の上限金利

29.2%までの間の金利で貸しつけを行っているのです。


この金利を、グレーゾーン金利と言います。


いわば、借りているほうが知らないで払っていたら、

高いと承知で支払っているとみなされ、

高い金利を払い続ける羽目になるのです。


任意整理を、弁護士や司法書士に依頼した場合、

この金利を、利息制限法の金利に計算しなおして、

本当に払わなければならない金利を割り出します。


そこで、借金の減額ができたり、

もっとよければ過払い金が発生するのです。

債務整理「任意整理」

あまり聞きなれない、「任意整理」と言う言葉。

でも、債務整理の中でもとっても便利な方法なんです。

ぜひ、任意整理について知ってください!

このカテゴリ内の記事

任意整理とは
任意整理できる人
グレーゾーン金利(利息制限法と出資法)
任意整理のメリットとデメリット
注意!ゼロ和解
債務整理『任意整理』の費用