Top > 債務整理「任意整理」 > 任意整理できる人

任意整理できる人

自己破産と違い、任意整理は裁判所を介さず行う

私的な債務整理です。


その為、法律上の制約はありません。


しかし、任意整理の手続き上

現実には、できる人とできない人がいます。


任意整理が向いている人、

できる人はどんな人でしょう?


【 任意整理が向いている人 】


・ ローンがあって、債務整理をすることで

  その物を引き上げられると困る人


  任意整理なら、手元に残しておきたいものがローン中なら

  支払いを続けることで手元に残せます。


  自己破産や個人民事再生ではできません。


・ 保証人つきの借金がある人


  任意整理なら、保証人つきの借金は返済を続ければ、

  保証人に迷惑をかけずにすみます。


【 任意整理ができる人 】


・ 収入があり、毎月の収入から生活費を引いても

  借金返済に充てられる余裕がある人。


  利息制限法で再計算を行い、

  実際に支払うべき債務を3年で完済できる

  目処が立たなければ任意整理は難しいでしょう。


  パートやアルバイトでも可能です。


・ 過払い金が発生し、

  その過払い金で債務が返済できそうな人


  利息制限法で再計算し、過払い金が発生した場合、

  その過払い金を他の債権者の残債務に

  充てることができる場合があります。


・ 長期的に借金を返済していくという強い意志がある人。

債務整理「任意整理」

あまり聞きなれない、「任意整理」と言う言葉。

でも、債務整理の中でもとっても便利な方法なんです。

ぜひ、任意整理について知ってください!

このカテゴリ内の記事

任意整理とは
任意整理できる人
グレーゾーン金利(利息制限法と出資法)
任意整理のメリットとデメリット
注意!ゼロ和解
債務整理『任意整理』の費用