Top > 自己破産の手続き > 自己破産の手続き2 弁護士へ相談へ行くまでの準備

自己破産の手続き2 弁護士へ相談へ行くまでの準備

【相談する日までに、必要なものをそろえておく】


さて、弁護士とのアポイントも取れました。


あとは、弁護士へ相談に行く日までに、

事務員から指示のあったものをそろえておきましょう。


必要な書類は、弁護士事務所によって違いますが、

たいていは、債権者の資料、通帳や印鑑、

身分証明書などです。


中でも必ず必要なのが債権者の資料です。


債権者の資料とはどんなものでしょうか?


これは、あなたがどこにどれだけの借金があるかを

弁護士に伝えるための資料です。


具体的には、債権者からの督促状、

請求書、カード類、契約書などです。


どの書類が必要か不要かは、

おそらく弁護士が判断します。


特に指示がない場合は、自分で判断せず、

自宅にあるそういった類の書類はすべて

持って行きましょう。
  

また、記憶があれば、いつ頃どれだけの借り入れを、

どこからしたのかメモをしておくと、

弁護士との相談の時に大変スムーズです。


これらの資料は、破産手続き上、大変大切な資料です。


通帳も同じことが言えますが、

破産手続きをしている最中に忘れていた債権者や

銀行口座が出てくると、大変面倒なことになります。


債権者の見落としがないよう、十分注意しましょう。

自己破産の手続き

ここでは、自己破産の簡単な流れと
それぞれの手続きについて、
詳しく説明しています。

このカテゴリ内の記事

自己破産の手続きの流れ(同時廃止)
自己破産の手続き1 弁護士にアポイントをとる
自己破産の手続き2 弁護士へ相談へ行くまでの準備
自己破産の手続き3 弁護士へ相談の日
自己破産の手続き4 裁判所への申し立てまで
自己破産の手続き5 裁判所への申し立てー破産手続開始決定まで
自己破産の手続き6 破産手続きか意思決定ー免責許可まで







Yahoo!ブックマークに登録