Top > 自己破産の手続き > 自己破産の手続き1 弁護士にアポイントをとる

自己破産の手続き1 弁護士にアポイントをとる

ここでは、弁護士に相談した場合を例に

自己破産の手続きについて具体的に説明します。


まずは、弁護士に相談をするため

アポイントのとり方からはじめます。


【弁護士にアポイントをとる】


まずは、実際に弁護士に会って相談します。


その際には、必ず事前にアポイントをとってから

来所するようにします。


いきなり事務所を訪問しても、

弁護士が不在の場合や、断られることが多いので

注意してください。


1、 電話帳やインターネットで探して行く場合


まず見つけた事務所へ電話をします。


そこで、事務員があなたの相談内容の詳細を聞きます。 


病院での問診のようなものですね。


その後、事務員から来所する日にちや、

持ち物の説明があると思いますので必ずメモしておきます。


ただし、弁護士の仕事が立て込んでいる場合や、

利益相反の場合は断られる場合があります。


(利益相反とは=弁護士は依頼人の利益のため仕事をしますので、対立する関係にあ

る第三者の案件は受任できません。例えば、あなたがお金を借りている銀行の顧問弁護士

をしている弁護士は、債務者であるあなたの破産の案件を受任できません)


2、 法テラスや弁護士会からの紹介の場合


法テラスや弁護士会から、紹介された事務所へ

先に電話がいっているはずなので、

紹介された旨を伝えたうえで電話しましょう。


その後は、1、と同じような流れです。

自己破産の手続き

ここでは、自己破産の簡単な流れと
それぞれの手続きについて、
詳しく説明しています。

このカテゴリ内の記事

自己破産の手続きの流れ(同時廃止)
自己破産の手続き1 弁護士にアポイントをとる
自己破産の手続き2 弁護士へ相談へ行くまでの準備
自己破産の手続き3 弁護士へ相談の日
自己破産の手続き4 裁判所への申し立てまで
自己破産の手続き5 裁判所への申し立てー破産手続開始決定まで
自己破産の手続き6 破産手続きか意思決定ー免責許可まで