Top > 債務整理の費用基礎知識 > 債務整理のデメリット

債務整理のデメリット

では、弁護士や司法書士に債務整理の費用を支払い

債務整理をしても、やはり

デメリットもあるのでしょうか?


残念ながら、デメリットもあります。


5ー7年間借金やローンが出来なくなります。


破産の場合は職業の制限がつく、

 自分名義の財産を処分するなどがあります。


任意整理と言う方法の場合、結局、借金の額が減らなかったり、

 和解が合意に達しない場合もあります。


その他にも、依頼した弁護士や司法書士によって方針が異なるため、

 任意整理という方法をとった場合には、

 債権者との和解額に差がでる可能性があります。


このデメリットの詳しい説明は、

任意整理の章で行いますので参考にしてください。


デメリットはありますが、

債務整理をすることによるメリットを考えれば

たいしたことはないと思いませんか?


事前にきちんと勉強してから

弁護士や司法書士に相談しましょう。


そうすると、

「ちゃんと勉強してわかってるな。」と思われ、

弁護士や司法書士も真剣に取り組んでくれると思います。


きちんと勉強して、事前に防げるデメリットは

なくしておきましょう。

債務整理の費用基礎知識

「そもそも、債務整理ってなに?」と言う人もいますよね。

まずは、債務整理とは何かを勉強しましょう!

このカテゴリ内の記事

債務整理とは?
債務整理をするにはどうすればいい?
弁護士に相談?司法書士に相談?
債務整理の相談へ!費用は?
債務整理をするメリット
債務整理のデメリット







Yahoo!ブックマークに登録