Top > 債務整理の費用基礎知識 > 弁護士に相談?司法書士に相談?

弁護士に相談?司法書士に相談?

最近やたらと、


「借金や多重債務の相談受けます!」


という弁護士事務所や司法書士事務所の広告を

よく目にするようになりました。


テレビCMまでやっていますね。


弁護士と司法書士の事務所どちらも相談にのってくれます。


でも、


「弁護士と司法書士ってどう違うの?」

「どちらに依頼するのがいいの?」


と疑問に思いますよね。


弁護士と司法書士の大きな違いは、

地方裁判所の訴訟代理権があるかどうかという点です。


もちろん他にも違いはありますが、

債務整理に関わる違いはこの点です。


地方裁判所は訴額が140万円を超える訴えを扱い、

140万円までは簡易裁判所で扱います。


司法書士は、簡易裁判所まで、

つまり訴額140万円までしか扱えません。


いきなり難しい話になりましたが、つまり、

債権者から払いすぎた利息を取り戻すための交渉が

司法書士は140万円を超える金額になるとできなくなるのです。


140万円を超えると、弁護士にまわされるということです。


本当の借金の額は、

弁護士や司法書士に依頼してからでないと分かりません。


相談前に借金の額が140万円より少ないといって、

司法書士に相談し、

任意整理の手続きをとったとします。


すると、過払い金が140万円を超えてしまい

結局弁護士にまわされて、

かえって費用や時間がかかってしまう。


なんていうケースもありますので、ご注意ください。

債務整理の費用基礎知識

「そもそも、債務整理ってなに?」と言う人もいますよね。

まずは、債務整理とは何かを勉強しましょう!

このカテゴリ内の記事

債務整理とは?
債務整理をするにはどうすればいい?
弁護士に相談?司法書士に相談?
債務整理の相談へ!費用は?
債務整理をするメリット
債務整理のデメリット







Yahoo!ブックマークに登録